花園メリーゴーランド ネタバレ 最終回 柏木ハルコ 【性に奔放な村で熟女に襲われる少年…】

花園メリーゴーランド ネタバレ 最終回 柏木ハルコ

 

花園メリーゴーランド ネタバレ

 

縄文時代、大和時代、平安時代…

いずれも男女のありかたは1つではなかった

 

庶民の間に
「貞操」という価値観が広まったのは
明治以降であり、それまでの日本人は
性におおらかだったと思われる…

 

 

現代では「貞操」の価値観が普通であるが
一部地域では、昔の風習が残っているのか…

 

 

基一の「柤ヶ沢」と呼ばれる集落での経験は
とても興味深いものだ。

 

 

 

基一の家に代々伝わる「烏丸」という刀
お坊さんから
「この刀に祟りがあるからお祓いする」
と言われそれっきりになってしまったという。

 

 

その先祖代々伝わる刀を
手に入れたいと思った基一は
ローカル線やバスを乗り継ぎ谷竹村へ向かった。

 

 

基一15才…

 

 

その辺りは、バスは1日に2本ほど。

 

 

基一はうっかり寝過ごし、
かなり先まで行ってしまった。

 

 

歩いて戻ろうにも、
そんな距離ではなかったらしく
段々暗くなり、
いつのまにか周りに民家すらないところを
歩いていた。

 

 

 

そこにスクーターに乗った女子学生が通り
その日はその家に泊めてもらうことになった。

 

 

 

しかし、それが貴重な体験になるとは
基一もそのときは思いもしなかった。

 

 

風呂に入り、食事をし、寝ようとしたところに
母親が壊れた電気の代わりにと
電気スタンドを持ってきた。

 

 

母親は
ノーブラがぱっと見にもわかるくらいの
透け透けのネグリジェを着ていた。

 

 

 

その家は、実は民宿で
宿泊料をしっかり請求されるも
基一は財布を山道に落として来てしまい
親に送ってもらうことにし
それが届くまでは、
その民宿にいることになってしまった。

 

 

 

村で会うのはほとんど女性ばかり。

 

 

どの女性も基一に関心ありのまなざし。

 

でも、よく見るとみんなキレイな顔立ちをしていた

 

 

その村は「隠れ里」と言われていて
昔、殿様がこっそり作り、
美人をさらってきて
この村に隠しておいたとか。

 

この集落は昭和のはじめ頃まで
他の地域とほとんど交流がなく
ひっそり存在していた、とも…

 

 

雑貨屋に行くと、熟女4人がいて
基一に容赦なく下ネタを浴びせてきた。

 

 

ヤエという一人の女性が、
基一のモノを見せろと言うのをきっかけに
女性たちに羽交い絞めにされ
基一はモノ
そこの全員にさらす羽目に…

 

 

 

そして、
1人の女性に入れさせられそうになると
さすがに基一は突き飛ばし
雑貨屋から逃げ出した。

 

 

基一は訳が分からなくなっていたが
さらに、夜、また母親が部屋に入って来て
いよいよ基一は
初めてを奪われてしまった…

 

 

 

終わると母親はすぐに部屋を出て行った。

 

 

中途半端な状態の基一は
その後も自分自身で慰めた。

 

 

しばらくすると、戸を誰かがノックした。

 

 

最初、基一を助けた澄子だった。

 

 

澄子は、基一が熟女たちのところから
逃げるときになくしたコンタクトを
探して来て届けてくれたのだ。

 

 

澄子は、自分の母親と基一が
あんなことをしていたのを
気づいているのだろうか…

 

 

>花園メリーゴーランド 本編へ<
*花園メリーゴーランドで検索してくださいね

 

 

 

まんがの無料試し読み方法

 

①まんが王国のサイトで、
 まんがのタイトルを入力して
 検索ボタンをタップします

 

 

②目的のコミック発見!
 タイトルをタップします。

 

 

③”じっくり試し読みをタップします
(”無料試し読み”のまんがもあります)

 

 

読み方を選択すれば、
 試し読みできますよ!

 

>>まんが王国はこちらからどうぞ!<<

 

 

入会情報

 

サイトを使ってみて良かったら
自分に合ったプランを選んで
利用してみてください。
(月額 500円 1000円 2000円…など
いろいろなコースがあります)

 

入会手続きもカンタンです

 

料金の支払いは、
携帯料金に合算させられる方法があったり
FacebookやGoogleアカウントを使って
(クレジットカード支払)申し込めますよ

 

結構らくちんです☆

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す