花園メリーゴーランド ネタバレ 結末 柏木ハルコ 【大厄の年、若者と性交渉をして厄を落とす風習…って…】

     花園メリーゴーランド ネタバレ 結末 柏木ハルコ

 

花園メリーゴーランド ネタバレ

 

「柤ヶ沢」と呼ばれる集落では

女性が33才の大厄の年に
若者と性交渉をして厄を落とす…

という風習があるらしい。

 

 

そして、その相手は
「外部から来た客人」
より好ましいとされた…

 

閉鎖的な村内で
血が濃くなりすぎないように
という意味もあったとか。

 

そうやって、厄を落とさないと
自分だけでなく、家族に不幸があると
心配されていた。

 

 

今はほとんどやる人はいなくなったが
澄子の母親はマジメに
それに従おうとしていた。

 

 

基一は、こんな情報をサキから聞いた。

 

そしてサキは

“まあ、気が向いたら
突っ込んでやったら?

厄落とすためにも

 ハハハ…”

 

 

 

 

基一は宿代を安くしてもらうために
掃除の手伝いをすることにした。

 

しかし、サキから聞いた話が頭をよぎり
牛小屋の掃除の仕方の説明を聞いていなかった。

 

 

澄子の母親を探しにお宮さんに行くと
女性ばかりが集まり
祈祷してもらっているように見えた。

 

 

しかし、
その場に基一は行くべきではなかったようで
基一に気づいた母親は
見た子ともないような恐ろしい形相で
出ていくように言った。

 

 

 

その夜、お宮さんにいた女性たちがそのまま
民宿に集まり、宴会が始まった。

 

女性たちは、酒をのみカラオケを唄い
大騒ぎだった。

 

民宿の息子 マサシが帰って来ると、
女性の一人が“見してみろ!”といい
マサシのモノを無理やり見て
”大きくなったなぁ”とからかっていた。

 

 

昼間、基一がお宮さんに行ったことは
よくなかったようだが
もう帰るし大丈夫だろうと澄子は言った。

 

 

 

宴会の間、基一は澄子の部屋で過ごした。

 

そうしているうちに、澄子が自分と同じ
ブルーハーツのファンだと言うことがわかり
話がはずむようになった。

 

 

廊下に出ると、酔っぱらったサキがいて

“兄ちゃん、明日帰んだべ!!
最後に、みづえサンに入れてやったいよ!!

あのかわいらしい棒をよ!!”

と、またからかわれた。

 

 

基一が風呂にはいっていると
母親はお湯加減はどうかといいながら
風呂に入ってきた。

 

湯船に入ってきて、基一の肌をさわり
キスをして基一のモノを触りながら

柤ヶ沢はそういうとこなのよ…と

 

 

入れようとした瞬間
基一は母親を振り払い
部屋に戻り
普通でない状況に不安を抱きながら
布団にもぐり込んだ。

 

 

そして次の日、やっと帰れる日…

すごい雪が降り始めた。

 

>花園メリーゴーランド 本編へ<
*花園メリーゴーランドで検索してくださいね

 

 

 

まんがの無料試し読み方法

 

①まんが王国のサイトで、
 まんがのタイトルを入力して
 検索ボタンをタップします

 

 

②目的のコミック発見!
 タイトルをタップします。

 

 

③”じっくり試し読みをタップします
(”無料試し読み”のまんがもあります)

 

 

読み方を選択すれば、
 試し読みできますよ!

 

>>まんが王国はこちらからどうぞ!<<

 

 

入会情報

 

サイトを使ってみて良かったら
自分に合ったプランを選んで
利用してみてください。
(月額 500円 1000円 2000円…など
いろいろなコースがあります)

 

入会手続きもカンタンです

 

料金の支払いは、
携帯料金に合算させられる方法があったり
FacebookやGoogleアカウントを使って
(クレジットカード支払)申し込めますよ

 

結構らくちんです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す