健康的で文化的な最低限度の生活 ネタバレ 生活保護

健康的で文化的な最低限度の生活 ネタバレ 生活保護

健康的で文化的な最低限度の生活 あらすじ

生活保護の現場の様子を、
申請を受ける職員の視点から描いた漫画作品です。

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」
と補償されているとはいえ、
現実にはキレイゴトだけでは済まないのです。

保護を申請する側の希望や事情と、
水際作戦で申請を受理しない方策も行っている役所側の思惑
自称市民からの監視や偏見、更には上からの要請など、
切実な立場や単なる傍観者の立場から
生活保護というデリケートな問題を扱っています。

 

「健康的で文化的な最低限度の生活」は
ebookjapanで無料立ち読みができますよ!
↓  ↓  ↓
>>健康で文化的な最低限度の生活はこちらから<<

 

健康的で文化的な最低限度の生活 感想

 

役所職員の目線で描かれていはいますが、
どちらかというと、
生活保護を真に必要としている人たちを
主題においているように思えました。

つまり、本当に救いの手を必要としている人たちを、
具体的な過去の事情と共に紹介する流れが
主な流れだと感じたのです。

例えば、親子で役所に来訪した際の子供のセリフとか、
冒頭からいきなり自殺をほのめかす申請者とか。

それに応じなければならないケースワーカーのやりとりは、
フィクションとはいえ重苦しい雰囲気でした。

 

↓  ↓  ↓
>>健康で文化的な最低限度の生活はこちらから<<

 

 

コメントを残す